ゴルフ アイアンが打てない

色んな情報を参考に練習してきた結果、スイングに統一感がなくなってしまい、クラブを振るたびに軌道がずれていたとしても、
運動神経や体格、年齢に一切影響されることなく、打点が安定し、スコア90台をキープできる実力が身につく練習法がこちら




ゴルフの難しいところは、イメージしたとおりに体を動かせないこと。アドバイスしてもらっても、アドバイスを再現するのが意外と大変なところじゃないでしょうか?

たとえば、スイング動作中に頭の位置がずれている人が多いです。テイクバック中に右上に頭が引っ張られ、なおかつ、ダウンスイングで、頭まで前に移動している人が少なくありません。



頭の位置がずれるということは、スイングの軸が乱れるだけじゃなくて、視点も移動してしまいますから、どうしても、打点がぶれてしまいます。

そこで、頭の位置は絶対に固定させなければいけないものの、頭を動かさないように練習をするのは間違っています。逆に、頭の位置を積極的に動かすのが正解なんです。



テイクバック中は、頭が右方向に流れないように、意識的に左方向へ動かすようにしなければ、頭の位置を固定させることはできないんです。上半身や肩の動きに逆らわないとダメなんです。

同じように、ダウンスイング中も頭を右側に移動させるような感覚でスイングすることで、初めて頭の位置を固定させることができるんです。



ゴルフスイングは、客観的に見た場合の感覚と、実際に自分がスイングする場合の感覚に大きな違いがあるため、そのギャップを埋めきれない人が多いわけです。

逆に言うと、客観的なイメージにとらわれず、正しい動作を学んでいくことで、結果としてスイングフォームはきれいに仕上がっていくものなんです。



あなたも、ゴルフスイングの精度を高めるために、本当に必要な動作を身に着けていくことで、下のような結果を手に入れることができるんです。


明らかなミスショットがほとんどでなくなる

力任せにクラブを振らなくてもボールをビュンと飛ばせる

最初にイメージ通りにほぼボールを運べるようになる

集中力の切り替えが上手くなる


小原大二郎さんの7日間シングルプログラムでは、難しい動作を徹底的に省いて、簡単なコツを学んでいくだけでゴルフがどんどん上達するように工夫されています。

何千人ものゴルファーのスイングを分析して、絶対に必要な動作はなんなのか?が徹底的に研究されています。



しかも、練習内容も工夫されているので、身に着けなければいけない動作を、より少ない練習量で身に着けることができます。そのため、1日20分もあればOKで、毎日のように練習場へ通う必要はありません。

必要な練習は基本的に1週間分で済むように設計されていて、同じ練習を毎週繰り返していくと、どんどんフォームが正しく固まっていきます。



7日間シングルプログラムを使えば、あなたが身に着けてしまった悪い癖も確実に治すことができるんですが、そのためには、今まで学んできたことは絶対にリセットして下さい。

現在の間違った動作をいくつも抱えたスイングをベースに練習をしても、間違った動作が邪魔をして、思ったようにはスイングが安定しません。



DVDでも指摘されてる通り、ゼロからスイングを作り上げていったほうが、結果的に上達のスピードがうんと速くなるんです。

「この動作はできているから、さっさと次にいこう」みたいなこともやらないほうが良いです。あなたができているつもりでも、実は習得具合が甘い可能性があるからです。



基本的な部分から見直しをしていくことで、あなたが抱えている問題を自然と解消できたりするものなんです。

わざわざ難しいスイングノウハウに挑戦しなくたって、ごく簡単なテクニックを上手く連動させるだけで、目の覚めるような弾道でボールを飛ばせるようになるんです。


→→ゴルフ上達を阻んでいた問題点がウソみたいに消えていく小原大二郎さんの7日間シングルプログラムの3種類のアプローチの打ち分け方とは??




楽しいトレッキング講座
石切山聡偲
ゴルフスイング

ゴルフ初心者練習メニュー

ゴルフが普及し始めたころというのは、今ほど情報が充実していなかったので、一部の才能のある選手によってどんどんゴルフ理論が進化していました。

ある意味、才能がなければゴルフが上手くなる可能性が非常に低かったものの、科学的分析が進められることによって、だいぶ理論体系がまとまってきました。



ゴルフ雑誌を見ても、毎週のようにいろんな練習方法が紹介されていて、いろんな問題を解消する方法を教えてくれます。

フックやスライス、トップやダフリといった問題を解決する方法から、グリップの握り方や、トップを切り返すタイミングなど、様々なノウハウを簡単に知ることができるようになりました。



ゴルフは他のスポーツに比べて間違いなくレッスン情報が充実しているものの、逆に情報の量が多すぎて収集がつかなくなっている側面もあります。

現在はどちらかというと、スイングがあまりにも細分化されすぎてしまい、本当に気を付けなければいけないポイントがぼやけてしまっています。



アマチュアが身に着けるには難しいノウハウも広く出回っていたりしているんですが、こんな状態を歓迎しているのは実力のないレッスンプロくらいです。

彼らにとっては、少しでも長くゴルフレッスンを続けてくれる生徒を抱えることが目的なんです。すんなり上達されるよりも、ちまちまと手間をかけて成長してもらうほうが、より多くのお金を搾り取ることができますからね。



小原大二郎さんの7日間シングルプログラムは、これまでに数千人のアマチュアゴルファーを100切させていたレッスンがそっくりそのまま再現されています。

NHKの番組のように、淡々とレッスン内容が紹介されているわけじゃなくて、和気あいあいとしたゴルフ番組の雰囲気でレッスンが進んでいくので、見ているだけでも面白いくらいです。



スマホでも動画を再生することができるので、通勤時間中に勉強をして、仕事が終わった後に暇があればクラブを振ってみる、なんていう感じで練習をしても確実にゴルフが上手くなります。

練習場に通ったほうが良いのは間違いありませんが、自宅でもできる練習も紹介されているので、部屋から一歩も出なくても、スイングの精度を高めることができるんです。



ゴルフの基本動作は、あなたが思っている以上に簡単なものなんです。下のような悩みなんて、すぐにでも解消することができますよ。


トップしたりダフったりばかりしている

記録を付けるのがバカバカしくなることもある

練習ではうまくできてもコースに出るとさっぱり

アドバイスをもらっても言われたとおりにできたためしがない


下手なスイングでさんざんなスコアをたたいてしまい、これからも仲間に陰で笑われ続ける前に、
体のポテンシャルを最も引き出せるスイングで、ミスショットを減らして自己ベストを更新してみませんか?

飛距離が出ないどころか体を痛めかねないスイングはさっさと終わりにして、コンペで上位入賞を果たしてみるにはこちら




澁川良幸
英会話
教士八段